タクシーの気になる求人内容を理解しておこう

求人募集を行なっている自分に合った店舗で働く

能力に合った業務

基本は適材適所、能力に合わせて。

社会参加を目指す障害者の方の存在をご存知ですか。今日では 障害者の雇用には一定規模以上の企業の場合、指定割合での雇用義務が存在します。精神身体の制限はなく、社会に参加できるように用意されている法律によって保護されている彼らですが、どのように働いているのか考え付かない人もいるのではないでしょうか。 そこで、障害者自身の得意な部署あるいは備えている能力に合った業務を与えることで一般の方と変わらない成果を上げる事が期待できます。仮に下半身不随の人だとしても、上半身が正常である場合事務作業は普通に人と大差ないと考えられます。他にも、精神的に成長が遅れている場合でも資格を有している場合や、他者よりもすぐれた業務処理能力を有している場合もあります。例を上げていけばきりがありません。このように、個性と得意をかみ合わせてあげることで彼らはその能力を十分に発揮できるのです。

就労移行支援と就労継続支援

では、彼らはどのようにして就職にこぎつけたのでしょうか。 現在では、障害者と雇用主との特別な契約の元に働く就労支援A型、正社員としての雇用をめざすB型が存在します。A型は期限が存在せず、事業主との契約のもとに成立する能力を養う事が出来るため、長いブランクのある障害者にはいいものとされています。 一方、B型は直接に正社員としての雇用を目指して用意されるもので、特定の事業者などと行政の許可をうけて学習、定められた期限内に正社員としての雇用を目指します。 他にも就労移行支援ではなく継続支援も存在し、これにもA型B型が存在します。最低賃金を保障して契約のもとに働くA型、契約を結ばない代わりに、比較的簡単に就労が行えるB型。このように、障害者のお仕事事情は、年々少しずつ改善されているのが解ります。彼らへの偏見は捨てて、よりよく共存できる社外が理想なのではないでしょうか。

Copyright© 2015 タクシーの気になる求人内容を理解しておこう All Rights Reserved.