タクシーの気になる求人内容を理解しておこう

求人募集を行なっている自分に合った店舗で働く

能力に合った業務

一定規模以上の企業は、指定割合での障害者の雇用義務があります。障害者自身が得意な部署や備わっている能力に合った業務を与えることで、一般人と同様の成果を上げることができるのです。

求人の選び方

二種免許を持っている場合は、タクシーの求人に応募することが可能です。求人によって、給与や待遇は異なりますから、慎重に選ぶ必要があります。固定客が多い会社だと、働きやすいです。

勤務形態

気になる給料

タクシーの求人に応募する前に、タクシーの仕事内容や勤務体系などについて知っておくことが大切です。障害者の方は、障害者雇用を行っているタクシー会社なのか、なども確認しておいた方が良いです。タクシーの勤務体系は、隔日勤務と夜日勤務があります。隔日勤務がタクシー求人で最もポピュラーです。隔日勤務は、1回の勤務が最大21時間と長時間になるので、翌日は必ず休日になります。明け休み以外に、公休が休みになります。夜日勤務とは、夜間の時間帯だけの勤務です。そのため、昼間の勤務はありません。休みは週に2日になります。正社員の場合は、このような勤務形態ですが、アルバイトやパートの場合は定時制になります。定時制は月間8乗務以内の勤務です。

タクシードライバーになるためには、学歴は必要無いのですが、二種免許と地理試験に合格する必要があります。地理試験は、東京都23区と三鷹市、武蔵野市、大阪の特別な地域で仕事を行うために必要な資格です。この試験では、40問の出題のうち、32問正解することで合格になります。働く地域によっては、この試験が必要無い場合もあります。興味があり、職につきたいと考えているかたは一度調べてみるといいでしょう。タクシードライバーは多くの地域で活躍出来る職業ですが、収入が乗せた人に依存する会社も多々あります。この依存率が高いと、地域によっては多くの収入を得ることが難しくなることもあります。

注意点

タクシー業界の求人は常に一定数ありますが、求人によって内容は異なります。自分が知り尽くしている地域での運転の場合は、活躍できますが、土地勘の無い地域だと活躍できなくなるので、注意が必要です。

Copyright© 2015 タクシーの気になる求人内容を理解しておこう All Rights Reserved.